SEVEN DAYS♪
柴の楽太郎 ガーデニング 本 THE BOOM で幸せ感じてます。天国じゃなくても♪
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
MIYAのコトノハ#2
2006年 10月 16日 (月) 10:56 | 編集
昨日は義務教育最後の文化祭でした。

保育園からのながーーーいお付き合いも、この行事を最後に一応終わり。

最後にスクリーンにフラッシュで映し出される同級生の子供たちの笑顔や表情見てると感動しちまいました(T_T)
ここまで長いと、どの子もどの子もかわいいです。

母親との関係も言い尽くせないほどいろいろありました。
仕事がらみや友人関係と違い
子供がからんでくるともうなんというか・・・とにかく大変なのです(笑)←(ここんところは子を持つ親なら解りますよね??)

(私を含め)自分の子供の事になると客観的に見れないとこがややこしい(汗
ほんとにいい勉強になりました(⌒-⌒;)

何はともあれ
よく笑い、うるうるもし、秋の日の行事は終わりました。

ビデオにもしっかりおさめたし、
ダメ出し!?爆笑鑑賞会もしましたo(^-^)o
1


この子たちは先生にも友達にも恵まれて
小さなトラブルは日々あれど
特に根の深い大きなトラブルはなかったように思いましたが、


朝から福岡のいじめで自殺した男の子のいきさつに
やりきれないです。

『相手の事を考えられないのは(こころが)子供だからだ』
私が小学校の時、先生がそう話してくれました。

今でもその言葉をよく覚えてます。

こんな時代だけれど
やはり、ずぶ濡れの人を守ってあげて欲しい。
勇気のない人、傷ついた人の手を取ってあげて欲しい。
もしそうする事ができなかったとしても
そうする事が人間らしい本当の心の豊かさなんだと
知っていて欲しいのだ。
                宮沢和史『言の葉摘み』より


ふるさとの校歌をこういう思いを込めて作ったMIYA。
この言葉を読むたび、泣けてきます。




スポンサーサイト
copyright (C) SEVEN DAYS♪ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。