SEVEN DAYS♪
柴の楽太郎 ガーデニング 本 THE BOOM で幸せ感じてます。天国じゃなくても♪
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
走ることについて語るときに僕の語ること/村上春樹
2008年 01月 20日 (日) 11:25 | 編集
大好きな村上春樹の本を読みました。
DSCF0306.jpg

彼は1982年から25年間走続けている。

僕は日々走りながら、あるいはレースを積み重ねながら、達成規準のバーをすこしづつ高く上げ、それをクリアする事によって、自分を高めていった。
少なくとも高めようと志し、そのために日々努めていた。

僕はもちろんたいしたランナーではない。
走り手としてはきわめて平凡なレベルだ。
しかしそれはまったく重要な問題ではない。
昨日の自分をわずかにでも乗り越えていくこと、それがより重要なのだ。

長距離ランナーにおいて勝つべき相手がいるとすれば、それは過去の自分自身なのだから。



こうやって書き写すだけでもちょっと恐れ多い気にもなりますが

マラソンとか水泳とかひとりで黙々と力を蓄えていく努力が
いかにも村上さんらしいし、自分のメンタルな部分と体を客観的に書いてるのが
これまた村上さんらしくて、いい本でした

ほんとのこというと、この本を読み終わると
とても走りたくなりました←(無謀!)
今の私の生活にストイックな状態がほとんどないのが情けないんだ( ̄∇ ̄;)

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) SEVEN DAYS♪ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。