SEVEN DAYS♪
柴の楽太郎 ガーデニング 本 THE BOOM で幸せ感じてます。天国じゃなくても♪
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オロカモノの歌
2009年 10月 15日 (木) 20:34 | 編集
『オロカモノの歌』の中に咳をしても お茶を入れてもひとり
という歌詞がある。

聞いたことあるフレーズだなと調べてみたら
尾崎放哉が
『咳をしてもひとり』という孤独な俳句を書いていた。

初めてこのフレーズを聞いたとき(学校だった気がする)
怖いくらいの孤独というのを想像して鳥肌がたった。

自分の咳だけが響き
そこには気にかけてくれるひとは誰もいない。

自分さえも客観的にそれを聞く。。。。

ひとは孤独だという事から逃れたいともがきながら
そこにたどり着いてるような気もする。



BOOMERさんに教えてもらったストライクカンパニーのブログ。

              146-2.jpg

夕日コンサートで石垣君WITH飛行機雲
MIYAに撮ってもらった1枚だって^^




スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) SEVEN DAYS♪ all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。